誰にも言えない思いがけない妊娠をしたあなたへ

Language:

EN >

(終了済みの研修)

【2018年度】

♦ 全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)・自治体/各県助産師会等共催
妊娠SOS対応パッケージ研修2018(基礎編)

開催日時 場所 お問い合わせ先 その他
2018年7月28日(土)
9:30〜17:00(受付9:00〜)
埼玉県総合医局機構 地域医療教育センター 研修室 埼玉県助産師会 申込方法・詳細はこちら
※チラシを更新しました(5/25)
2018年8月21日(火) 長野県上田市
敬老園本部
うえだみなみ乳児院、長野県県民文化部こども・家庭課こども福祉係 詳細はこちら
申込書はこちら
2018年8月24日(金) 三重県四日市庁舎 本館6階大会議室 三重県子ども・福祉部子育て支援課母子保健班、またはMCサポートセンターみっくみえ 申込方法・詳細はこちら
2018年8月31日(金) さいたま市文化センター 小ホール 埼玉県健康長寿課 申込方法・詳細はこちら
2018年9月7日(金) 奈良県社会福祉総合センター 5階研修室A 奈良県健康福祉部こども・女性局こども家庭課 児童虐待対策係 申込方法・詳細はこちら
2018年11月19日(月) 西宮健康開発センター2階 大研修室 西宮市保健所地域保健課 申込方法・詳細はこちら
2018年12月8日(土) 三宮コンベンションセンター 505号室 兵庫県助産師会 申込方法・詳細はこちら
※チラシを更新しました(7/17)
2018年12月21日(金) 鳥取県倉吉体育文化会館 鳥取県福祉保健部子育て王国推進局青少年・家庭課 申込方法・詳細はこちら
2019年2月15日(金) 長野市JA長野県ビル うえだみなみ乳児院
長野県県民文化部こども・家庭課こども福祉係
詳細はこちら
申込書はこちら
2019年3月8日(金) 三重県人権センター 3階 大セミナー室
(津市一身田大古曽693番地の1)
三重県子ども・福祉部子育て支援課母子保健班、またはMCサポートセンターみっくみえ 詳細・申込方法はこちら


♦ 妊娠SOS対応パッケージ研修2018(アドバンス編)

開催日時 場所 お問い合わせ先 その他
2018年9月29日(土) 浜松市福祉交流センター(浜松市中区成子町140-8) 浜松市助産師会(成岡) 貧困・生活保護(講師:丹羽聡子弁護士)
特別養子縁組(講師:ロング朋子氏)

申込方法・詳細はこちら
2018年10月12日(金) 奈良県社会福祉総合センター5階 研修室C 奈良県健康福祉部こども・女性局こども家庭課 児童虐待対策係 貧困・生活保護(講師:佐々木育子弁護士)
若年妊娠(講師:井澤美穂氏:産婦人科医)

申込方法・詳細はこちら
2018年12月15日(土) 岡山きらめきプラザ 4階 401会議室 岡山県助産師会 特別養子縁組(講師:ロング朋子氏)
性風俗(講師:坂爪真吾氏)

申込方法・詳細はこちら
2019年3月2日(土) 新潟県看護研修センター 新潟県助産師会 テーマ:貧困・生活保護、若年妊娠

申込方法・詳細はこちら


♦ 全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)シンポジウム

誰にも言えない妊娠、なかったことにしたい妊娠、このまま死んでしまいたい、そのような妊娠で葛藤している女性が、「最も秘密にしておきたい」相手は、皮肉にも支援者側が「ぜひ相談してほしい」と願っている人たちです。親、学校の先生、児童相談所、保健センター、子育て世代包括支援センター、医療機関・・・。相談すれば助けになるかもしれないところに、なぜ女性たちは相談せず、切れ目ない支援から漏れていくのでしょうか。
全妊ネットが企画する本シンポジウムでは、妊娠を知られることで問題となる学業、就業、医療、戸籍の4点について、教育、医療、妊娠葛藤相談の各現場から課題提供し、ドイツと韓国の先進的な支援例から示唆を得ながらディスカッションします。

開催日時 研修名 場所 内容
2018年12月1日(土)
13:00~14:30
日本子ども虐待防止学会 第24回学術集会おかやま大会
公募シンポジウム「妊娠を他者に知られたくない女性への支援」
川崎医療福祉大学・多目的ホール(定員192名) ※大会への参加登録が必要です。(当日受付あり)

詳細はこちら


♦ 全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)シンポジウム
豪華二本立てのシンポジウム「10代の思いがけない妊娠を考える」「妊娠を他者に知られたくない女性に対する支援を考える」ついに申し込みスタート!

午前は、漫画・ドラマ「コウノドリ」の小児科医のモデルとなった、今西洋介医師(大阪母子医療センター新生児科診療主任)と、全妊ネット代表理事の佐藤拓代の講演から、10代の思いがけない妊娠について考えます。中高生の参加も歓迎します!
午後は、ドイツの妊娠葛藤相談所「ドヌム・ビタエ・ヴィスバーデン」からP.ヘレンバルト事務局長をお招きし、ドイツの妊娠葛藤相談と内密出産についてじっくり学び、韓国と日本の現状を交えてシンポジストらとディスカッションします。
大阪母子医療センター(大阪府の「にんしんSOS」実施機関)主催、国際ソロプチミスト堺共催、全国妊娠SOSネットワーク協力で、堺市のビッグアイで開催です!

開催日時 研修名 場所 内容
2018年7月7日(土)
午前10時~午後4時
午前「10代の思いがけない妊娠を考える」

午後「妊娠を他者に知られたくない女性に対する支援を考える」
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)多目的ホール 参加費無料

午前:中高生を含む一般の方も参加可能。申し込み不要。

午後:専門職、予期せぬ妊娠をした女性に関わる職種の方が対象。メールで参加申し込みが必要。(メルアドはチラシ内。)

チラシはこちら


♦ その他の研修

開催日時 研修名 場所 内容
2018年8月22日(水)13:30~17:30
8月23日(木)9:30~13:00
【国際シンポジウム】ドイツの内密出産制度に学ぶ ―新しい母子救済支援の可能性を探る― 熊本大学黒髪北キャンパス内「くすの木会館」レセプションルーム お問い合わせ先
熊本大学大学院人文社会科学研究部 トビアス・バウアー

詳細はこちら
2018年9月12日(水) 10時~16時 「日本と韓国における危機的妊娠の相談支援」シンポジウム ティアラこうとう小ホール(江東公会堂B1F)
(東京都江東区住吉2-28-36)
お問い合わせ先
埼玉県立大学保健医療福祉学部 姜恩和

詳細はこちら


【2017年度】

第4回妊娠SOS相談員向けスキルアップ研修 ~JASPCAN千葉大会前夜祭~

(※パッケージ研修のアドバンス編を兼ねる特別篇。)

開催日時 研修名 場所 内容
2017年12月1日(金)
13:00~17:00
(12:30~受付開始)

※18:00~ 懇親会
「切れ目にいる妊婦の理解と相談対応 ~性風俗と特別養子縁組を学ぶ~」 浦安市健康センター
(千葉県浦安市猫実一丁目2番5号)
講師:一般社団法人ホワイトハンズ 坂爪真吾
一般社団法人ベアホープ ロング朋子
事例検討

詳細はこちら
お申込みはこちら


全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)シンポジウム

開催日時 研修名 場所 内容
2017年12月3日(日)
10:40〜12:40
日本子ども虐待防止学会ちば大会・公募シンポジウム
演題「生後0日の虐待死亡を防ぐ思いがけない妊娠への支援を考える」
幕張メッセ 国際会議場
中会議室201 第3会場
日本の妊娠葛藤相談の現状と、妊娠葛藤相談の先進国であるドイツの取り組みから、生後0日の虐待死を防ぐ思いがけない妊娠への支援のあり方についてご一緒に考えましょう。

※大会への参加登録が必要です。→日本子ども虐待防止学会・第23回学術集会ちば大会



全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)・自治体/各県助産師会等共催
妊娠SOS対応パッケージ研修2017(基礎編)

開催日時 場所 お問い合わせ先 その他
2017年7月23日(日) コンパルホール 400会議室
大分市府内町1丁目5-38
大分県助産師会 詳細はこちら
プログラムはこちら
2017年8月1日(火) 佐賀県立総合看護学院 多目的ホール 佐賀県男女参画・こども局 こども家庭課 母子保健担当 詳細はこちら
2017年9月24日(日) 新潟青陵大学 日本助産師会南北関東地域研修会 詳細はこちら
2017年10月14日(土) さいたま共済会館
(JR浦和駅近く)
埼玉県助産師会 詳細はこちら
2017年10月28日(土) 倉吉市上灘公民館 鳥取県子育て応援課母子保健担当 詳細はこちら
2018年2月27日(火) 奈良県 やまと会議室3階 大会議室 奈良県健康福祉部こども・女性局こども家庭課 児童虐待対策係 詳細はこちら
申込書はこちら
2018年3月2日(金) 和歌山県 田辺市生涯学習センター 和歌山県助産師会 第2回母子保健コーディネーター研修会内の研修です。
詳細はこちら


妊娠SOS対応パッケージ研修2017(アドバンス編)

開催日時 場所 お問い合わせ先 その他
2017年9月8日(金) 津庁舎本館6階大会議室
MCサポートセンターみっくみえ 内容:貧困・生活保護、性風俗
詳細はこちら
2017年10月7日(土) アクトシティ浜松 研修交流センター51研修室 浜松市助産師会 内容:若年妊娠、性風俗
詳細はこちら
2017年12月16日(土) 岡山きらめきプラザ 岡山県助産師会 内容:貧困・生活保護、若年妊娠
詳細はこちら
2018年3月8日(木) 奈良県文化会館 地下1階 多目的室 奈良県健康福祉部こども・女性局こども家庭課 児童虐待対策係 内容:特別養子縁組、若年妊娠の2本立て
対象:児童福祉及び母子保健担当課職員 等
詳細はこちら


全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)シンポジウム

開催日時 研修名 場所 内容
2017年9月23日(土・祝)
13:30-16:30
「妊娠を他者に知られたくない女性への相談支援」を考える 日本女子大学目白キャンパス
百年館低層棟504教室(5階)
1.わが国の妊娠葛藤相談の現状
赤尾さく美(ベアホープ・全国妊娠SOSネットワーク理事)
2.恥辱の再発見ードイツの匿名支援のあゆみー
柏木恭典(千葉経済大学短期大学部子ども学科准教授)
3.韓国における0歳児の遺棄を防ぐ実母支援
姜恩和(埼玉県立大学社会福祉子ども学科講師・全国妊娠SOSネットワーク理事)
4.妊娠を他者に知られたくない女性に対する海外の法的支援
床谷文雄(大阪大学大学院国際公共政策研究科教授)

コーディネーター:佐藤拓代(大阪母子医療センター母子保健調査室長・全国妊娠SOSネットワーク代表理事)

チラシはこちら
詳細、お申し込みはこちら

定員:90名(事前申込制)
参加費:無料
参加対象者:思いがけない妊娠で悩む女性と関わる医療・看護・保健・福祉分野の専門職または自治体関係者の方



第3回妊娠SOS相談員向けスキルアップ研修&社会見学ツアー

ネットやアプリでの出会いや性風俗など、妊娠に至る見えにくい入口を理解しつつ、妊娠世代に合う相談方法を学ぶことで、より早く歩み寄り支援につなげることができるかもしれません。また、家族関係の崩壊、親に頼れない、貧困の連鎖、という状況が重なり合っている女性への対応に備え、生活の立て直しや自立支援に向けて、弁護士との連携の可能性について知識を持っておくことも必要です。今回のスキルアップ研修は、時代に合った妊娠相談対応のスキル向上のために、盛りだくさんでお届けします。

開催日時 研修名 場所 内容
2017年5月27日(土)
10:00~16:30
(9:30受付スタート)
「ネット社会の歩み寄る相談窓口と妊娠につながる入口、弁護士との連携による妊婦への支援」 日本財団2階 会議室1~4
東京都港区赤坂1−2−2
①にんしんSOS東京の実践・歩み寄りと同行支援
②妊娠につながるアプリ・SNS等と相談対応
③弁護士との連携による妊婦への支援
④事例検討

参加費:全妊ネット個人会員3000円、非会員5000円(個人会員募集中!)

チラシはこちら
詳細、お申し込みはこちら

★懇親会:@味仙 虎ノ門店 (懇親会費:3500円)
※全国で妊娠相談に関わる方々とつながり、ネットワークを広げる機会にも!

会員限定・社会見学ツアー!

開催日時 研修名 場所 内容
5月26日(金)
15:00~16:30
社会見学ツアー「母子生活支援施設 新宿区立かしわヴィレッジ」 新宿区立かしわヴィレッジ
妊婦の一時保護、母子の入所が可能な施設です。どんな背景の方々がどんなルートで入所されるのか、どんな支援を受けられ自立していくのか、実際の現場を見ながら学ぶツアーです。

※先着15名、参加無料

詳細、お申し込みはこちら



その他の研修

開催日時 研修名 場所 内容
2017年10月13日(金)
13:00-14:00
「全妊ネットの活動紹介と妊娠葛藤相談における法的支援(仮)」 弁護士会館 日本弁護士連合会貧困問題対策本部内の研修です。
2017年12月19日(金)
10:00-12:30
千葉県健康福祉部 千葉県庁中庁舎10階会議室 児童虐待防止に関する母子保健担当者研修内の研修です。


【2016年度】

全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)・各県助産師会・日本財団共催 妊娠SOS対応パッケージ研修2016

開催日時 場所 お問い合わせ先 その他
2016年7月3日(日)9:30〜17:00 アオッサ(福井駅東口徒歩1分)7階 福井県民活動・ボランティアセンター706号室 福井県助産師会 チラシはこちら
2016年7月9日(土)10:00~17:00 浜松市福祉交流センター 浜松市助産師会(山口) チラシはこちら
2016年7月24日(日) 広島国際大学 広島キャンパス 広島県助産師会 チラシはこちら
2016年8月6日(土)9:30〜16:30 新潟県看護研修センター 新潟県助産師会 チラシはこちら
2016年10月23日(日) 沖縄県助産師会母子未来センター 沖縄県助産師会 チラシはこちら
2016年12月17日(土) 岡山きらめきプラザ 岡山県助産師会 チラシはこちら
2017年1月11日(水) 宮崎市民プラザ 宮崎県助産師会 チラシはこちら
2017年2月4日(土) 新橘ビル 和歌山県助産師会 チラシはこちら
2017年2月23日(木) 山形県立保健医療大学 山形県子育て推進部
子ども家庭課 母子保健担当
チラシはこちら
申込書はこちら
2017年3月10日(金) 浦安市役所本庁舎4階 災害対策本部室 千葉県浦安市 チラシはこちら
※会場変更あり
2017年3月17日(金) 三重県勤労者福祉会館 6階講堂 三重県 健康福祉部 子ども・家庭局
子育て支援課 母子保健班
チラシ・参加申込書はこちら

※2016年7月7日(木)千葉県健康福祉部児童家庭課(※県職員向け)

全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)主催・日本財団共催
第2回 妊娠SOS相談員向けスキルアップ研修&懇親会

開催日時 研修名 場所 内容
2016年11月24日(木)18:15~19:50(18時開場)
※参加無料!
「ニュースからひも解く~妊娠相談窓口は何ができたか~」&これからの全妊ネット 大阪国際会議場1005 0か月目の虐待死や母子家庭の貧困等に関するニュースから、当事者の背景やニーズを分析し、求められる支援と防止策の可能性について学ぶ機会とします。

コメンテーター:
榊原 智子(読売新聞東京本社調査研究本部)
姜 恩和(埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉子ども学科)

チラシはこちら

定員:80名
参加対象者:妊娠相談に携わる方、予期せぬ妊娠に悩む女性と関わる医療・保健・福祉・教育職職の方々

懇親会:同日20:00~22:00
場所:リーガロイヤルホテルウエストウイング1階「オールデイダイニング リモネ」(大阪国際会議場となり)
懇親会費:一人5,600円

全妊ネット・個人会員限定!社会見学ツアー

開催日時 研修名 場所 内容
11月24日(木)15:30~16:30
社会見学ツアー「母子生活支援施設 東さくら園」 大阪市東成区中本4丁目1-21
母子生活支援施設 東さくら園
母子が一緒に入所することができる施設にはどんな背景の方々がどんなルートで入所されるのか、どんな支援を受けられ自立していくのか、実際の現場を見ながら学ぶツアーです。

※参加費無料!
※施設のスペースの都合から、個人会員限定で申し込み順に5名程度のみ参加可能です。
※現地集合、現地解散です。解散後は、18時からのスキルアップセミナーに間に合うように大阪国際会議場にお越しください。


全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)シンポジウム

開催日時 研修名 場所 内容
11月25日(金)14:25~16:00
(多少変更の可能性あり)
母子保健サービスの切れ目を埋める妊娠相談と貧困妊婦への支援を考える 日本子ども虐待防止学会 第22回学術集会おおさか大会 応募シンポジウム@大阪国際会議場8階 801-802 子育て世代包括支援センターの全国展開へ向かう中、貧困で受診できない女性、母子健康手帳が取得できない女性、住所不定の女性、中絶を考えている女性、妊娠・出産の事実を誰にも知られたくない女性など、切れ目ない支援に初めから乗れない女性たちにどうアウトリーチし、どう支援につなげるのか、フィンランド、オランダ、韓国の妊娠期の支援から学び、ディスカッションする場とします。

シンポジスト:
(フィンランド)榊原 智子 読売新聞東京本社調査研究本部
(韓国)姜 恩和 埼玉県立大学保健医療福祉学部社会福祉子ども学科
(オランダ)佐藤 拓代 大阪府立母子保健総合医療センター母子保健情報センター
(日本)松岡典子 MCサポートセンターみっくみえ

チラシはこちら

定員130名 ※学会参加者はどなたでも参加可能。


全国妊娠SOSネットワーク(全妊ネット)・日本財団共催 第1回 妊娠SOS相談員向けスキルアップ研修

「貧困妊婦への対応を極める!~生保の関門、借金、住居なし、育てられない~」
妊娠SOS相談を受けるにあたり、貧困問題は避けて通れないほど多くの女性たちが抱える問題です。「妊娠したけどお金がない・・・」「産むと言ったら家を追い出された」「自分ではどうしても育てられない」という相談に対し、どんな情報提供をし、どう支援できるでしょうか。

開催日時 研修名 場所 内容
2016年5月21日(土) 10:00~16:30 (9:45受付開始) 貧困妊婦への対応を極める!~生保の関門、借金、住居なし、育てられない~ 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) 大会議室 大阪市中央区大手前1-3-49 地下鉄谷町線・京阪「天満橋」から東へ約350m 貧困妊婦への法的サポート(森本志磨子:弁護士)・社会福祉講座:母子生活支援施設の働き(廣瀬みどり:母子生活支援施設東さくら園施設長)・質を高める妊娠SOS相談の体制づくり(佐藤拓代:にんしんSOS大阪、医師)

※対象・定員:妊娠SOS相談に従事している専門職、先着50名
参加費:全妊ネット個人会員4000円、非会員5000円
その他:各自で昼食をご持参ください。

全妊ネット主催・日本財団協力:第1回全国妊娠SOSネットワーク連絡会議

2015年11月19日@新潟朱鷺メッセにて開催。
この日を機に、全妊ネットが独立し結成されました。
同日に、「妊娠相談の現場で役立つ!妊娠SOS相談対応ガイドブック」が発行され配布をスタートしました。
詳細はこちら